PICマイコンと組込ボードのプロフェッショナル
 

Bluetooth-シリアル変換モジュール [RBT-001]

商品名 : Bluetooth-シリアル変換モジュール [RBT-001]

商品コード : 79021003

価格 : 3,650円(税込)

数量 :

Bluetooth-シリアル変換モジュール(型式: RBT-001)は、29×29(mm)という小さい基板内にアンテナやBluetooth通信に必要なすべての機能を搭載し、SPPを利用して非同期式シリアル(UART)通信信号をBluetoothで無線化するモジュールです。

Bluetoothバージョン2.0に準拠(※1)し、電波強度を規定したクラスではクラス2に対応。通信距離約30mを実現しています。(通信距離は障害物や周囲の電磁界環境によって変わります)

RBT-001ではSPPの使用により、Bluetoothでパソコン(Windows)と接続するとパソコン側では仮想COMポートが自動的に作られます。仮想COMポートを通じてRBT-001のUART信号線に接続されたシリアル通信機器と透過的に通信できます。




Windowsパソコン以外でも、Androidスマートホンや、SPP規格に対応したBluetoothバーコードリーダーなどの周辺機器とも接続できます。もちろんRBT-001同士で接続してUART通信を無線化することもできます。

UART機器側の通信速度は2400bps〜921.6kbpsまで11段階で設定ができます。ロジック電圧レベルは、0V-3.0Vです。(電源電圧は3.0Vです)※2

その他GAPによるデバイスディスカバリー(Inquiry動作)や、SDAPによる相手機器の利用可能サービスの照会や照会スキャンが可能です。

RBT-001は技術基準適合証明(工事設計認証)を取得済みです。またBluetooth SIGの認証取得済みです。(※3)








本体の設定をしたり製品の機能を簡単に評価するにはUART通信でパソコンと接続するのがおすすめです。RBT-001のUART通信をパソコンで簡単に行うためのパソコン接続ボート(60R800)を販売しております。60R800を使用すると、パソコン上から専用のユーティリティソフト(Simple Blue Commander)から様々な設定が可能となります。






BluetoothのSPP対応AndroidデバイスとRBT-001を通信させて、SPP対応のアプリを使えば色々なアプリケーションを作れます。
SPPのシリアルコンソールのようなアプリや、画面上にボタンを配置しボタンを押した時に特定のコマンドを送信すようなアプリも作れます。


 

※1:本製品はBluetooth Classic規格のSPPを使用します。BLE通信はできません。

※2:電源電圧は3.0VでベストなRF特性が得られます。最大で3.3Vです。5V系回路とは直結できません。その場合にはレベル変換基板(80FG990)をご使用ください。

※3:本製品は伊RoboTech srlの製品です。登録は同社によって行われています。一般的にはそのままご使用頂けますがお客様がBluetooth SIGにRBT-001を使ったエンドプロダクトとしてEPLを登録する場合、有償での登録が必要となります。

日本語補足マニュアルはこちらからご覧頂けます。
メーカーマニュアル(英語)はこちらからご覧頂けます。

 

●Bluetooth Ver.2.0対応(Ver.1.x下位互換)、技適取得済みモジュール
●Class2準拠、通信距離最大30m
●低消費電力設計(最大50mA、動作時平均13mA程度)
●SPPを使用しUART通信をBluetoothですぐに無線化、透過的なUART通信が可能
●GAP, SDAP, SPPのプロファイルを搭載
●Windowsパソコンと接続すれば自動的に仮想COMポート生成、即通信可
●UART速度は2400bps〜921.6kbpsの11段階で設定可能。設定値は本体記憶。
●デバイス名やPIN等の本体設定内容は、本体の不揮発性メモリーに記憶可。
●プロファイル:GAP、SDAP、SPP
●デフォルトコネクション機能搭載で指定したBluetooth IDのデバイスに自動接続
●チップアンテナ実装
●Adaptive Frequency Hopping(AFH)、干渉防止技術802.11 co-existenceサポート
●29×29(mm)の小型設計
●インターフェースコネクタは6ピン、2.0mmピッチ
●RoHS準拠
●電源電圧3.0V(標準) (最大3.3V)、ロジック電圧レベルはVcc+0.2V(max)
日本語補足マニュアル付属、専用ユーティリティソフトダウンロード可
サポートはメーカーによるサポート(SbM)
 

■本体の寸法と電気的仕様



※ご注意下さい※
本機の推奨電源電圧は+3.0Vです。絶対最大定格が+3.3Vですので+3.0Vでのご使用を強くお奨め致します。+3.0V時が最も無線通信特性がよくなります。
ロジック信号の電圧振幅は0V〜Vcc+0.2Vです。
3.3Vは絶対超えないよう設計が必要です。

5V系回路への直結はできません。必ず電圧レベルの調整をしてご使用下さい。(仕様範囲を逸脱すると本体が故障します。)

 

■オプション品のご紹介

電源レギュレーターとシリアルレベル変換が一つになったRBT-001用のシリアルレベルコンバーター基板(80FG990)です。ピンピッチを2.0mmから2.45mmピッチに変換できます。
5V系回路、3.3V系回路と接続する場合にご使用ください。

●RBT-001に3.0Vの電源を供給(入力電圧3.3V〜5.0V)
●ロジック電圧レベルを0V-3.0Vに変換
●ピンピッチを2.0mmから2.54mmに変換して使いやすい





パソコン接続用ボード(60R800)を使えば、RBT-001のUART側制御が簡単にパソコン上から行えます。パソコンとはUSBで接続。仮想COMポート(FT232R使用)でシリアルターミナルにてRBT-001を制御できる他、専用ユーティリティSimpleBlue Commanderが使用できます。

●USBパスパワーからRBT-001に3.0Vの電源を供給(レギュレータ搭載)
●ロジック電圧レベルを0V-3.0Vに変換
●ピンピッチ2.0mmのRBT-001を直接接続可能
●Windowsパソコンと接続して仮想COMポート経由でRBT-001とUART通信



 

■主な仕様
 
電源電圧 3.0V(標準、推奨)、3.3V(max)
消費電流 電源投入直後:最大50mA
定常時、SPPリンク未確立時:平均10mA
通信時:約20mA(最大30mA程度)
Bluetooth規格 Bluetooth2.0  Class2 (通信距離最大30m)
プロファイル:GAP, SDAP, SPP
シリアル通信 UART、2線式(Tx,Rx)又は4線式フロー制御
通信速度:2400bps〜921.6kbpsまで11段階
データ長8ビット、パリティ設定可能、ストップビット設定可能
ロジック電圧レベル: 0V-Vcc+0.2V (3.0推奨)
サイズ 29×29 (mm)
 

■セット内容

 ●RBT-001 本体

 

■本製品のサポートについて
 
本製品は、プロユースの製品です。マニュアルは原則的にメーカーから提供されているデータシート(ユーザーズガイド)をごらん頂き内容を理解してお使い頂くことになります。これらのデータシートは英語版になります。当方からは基本的な事項をまとめた日本語マニュアルを配布致しますが、あくまでも補助的なものですのでご注意ください

技術的なご質問やサポートが必要な場合、メーカーに直接お問い合わせ頂きます。当方ではサポートを行っておりません。(お問い合わせはメールで英文によるやりとりとなります。)


(クリックすると詳細をご覧頂けます。必ずお読みください)

※カジュアリーサポートとは、製品の使い方に関する簡単なご質問についてご案内するサービスです。
日本語での技術的なサポートではございません。詳しくは上記画像をクリックしご覧ください。


 
RBT-001
RBT-001用シリアルレベルコンバータ基板 [80FG990]
RBT-001用シリアルレベルコンバータ基板 [80FG990]
RBT-001用2mmピッチ6ピン基板実装用コネクタ [62CR1]
RBT-001用2mmピッチ6ピン基板実装用コネクタ [62CR1]
USB接続Bluetooth(R)ドングル バルク品 [7700JK1]
USB接続Bluetooth(R)ドングル バルク品 [7700JK1]

ページトップへ