PICマイコンと組込ボードのプロフェッショナル
 

microSDカードシリアル制御ボード [MSC-MOD20]

商品名 : microSDカードシリアル制御ボード [MSC-MOD20]

商品コード : 83610773

価格 : 4,500円(税込)

数量 :


microSDカードアクセスモジュール(型式: MSC-MOD20)は、小さなボード上のmicroSDカードスロットにmicroSDカード(※1)を装着し、FAT16及びFAT32に対応したファイルを操作できるアクセスボードです。

簡単なシリアル制御コマンドで、microSDカードにファイルを新規作成したり、既存のファイルからデータを読み出すことができます。FAT16/32ファイルシステム対応なので、作成したファイルはパソコン等FAT16/32が扱える機器でアクセスできます。

ファイルの種類は問いませんので、テキストデータからバイナリデータまで様々なデータ形式に対応します。

※1:市販されている32GBまでのものに対応しています。microSDカードのメーカーや製品によっては相性問題が発生することもあります。

 

シリアル通信のインターフェイスは、非同期式シリアル通信(UART)と、同期式シリアル通信(I2C)のどちらかをモードピンの設定によって設定することができます。

PICマイコンなどマイコンと容易に接続して使うことが可能です。本体の電源電圧は+3.3Vですが、ロジックピンの電圧レベルは0V-5.0Vにも対応しています。(但しリセットピンは3.3Vmax。)

UARTではTXとRXの2線式通信の他、高速時はより信頼性の高い通信を行うフロー通信を行うことが可能です。 通信速度は921.6kbpsまで対応です。

※デフォルトの通信速度は115.2kbpsとなっています。(※2)

同期式シリアルI2Cで通信を行いたい場合には、本機はスレーブデバイスとして使用しマスター機器からコントロールします。マニュアルにはI2C通信時の詳しい解説が記載されています。スピードモードは400Kbpsの高速モードに対応しています。(スレーブアドレスは固定されています。)

信号線の電圧レベルは、0V-3.3Vと、0V-5Vに対応しています(但しリセットピンは3.3V。本機の電源電圧は+3.3Vです。)

パソコンと接続する場合にはUSB-UART変換ICや、RS232C-UART変換ICなどを介してパソコンと接続します。

※2:通信速度は本機には記憶できずリセット後や電源再起動後は常に115.2kbpsとなります。


 

MSC-MOD20は マイクロソフト社のFAT32ファイルシステムに関するライセンスを取得済み。

FAT32のロングファイルネームに対応しています。従来のような8.3ファイルネームではありませんので長いファイル名の取り扱いも心配ありません。

複雑なディレクトリ構造にも対応。
新しいフォルダを作成してそこに新規ファイルを作成したり、ルートから深い階層にあるファイルへもアクセスできます。



ファイルの種類・拡張子は問いません。(但し拡張子は3文字)テキストファイルはもちろんJPEGファイルやMP3ファイルなどにもアクセスしてバイナリーデータを読み出すことができます。

ファイルは最大16個まで同時に本体内のファイルハンドルと呼ばれるバッファに展開することが可能です。ファイルの内容を比較したり、任意のファイルハンドルに対して操作が可能です。

本体にバッテリーバックアップ対応のリアルタイムクロック(RTC)を内蔵していますので、ファイル作成時のタイムスタンプを付けることができます。(※3)

外部にCR2032などのコイン電池を取り付けることで、本体の電源を切断しても時計計測は動き続けます。もちろんコマンドで現在日時を取得することもできます。

※3:本機のRTC機能は2秒単位になります。


基板寸法25mm×35mm(microSDカード挿入時の突起部を含まず)という超小型設計。
この小型基板の中にmicroSDカードをフル制御する全機能が凝縮されています。

 

パソコンのRS232CポートやUSB-UART変換ICなどを介してパソコンと接続して、本機の機能を一通り使える便利なユーティリティソフトをご用意しました。当方のダウンロードサイトからダウンロードしてご使用頂けます。

戻り値を確認しながらMSC-MOD20の評価などが行えます。また16進→10進変換機能や戻り値の解析機能などもありますので、本機の評価に是非お役立て下さい。(ソフトウエアはVisual C# 2012で作られています。)


 操作できる機能一覧
ファイルを開く 最大16個のファイルを同時に開くことができます。
ファイル内のデータを読む 開いているファイル内のデータについて、任意の位置から、任意のサイズでデータを読み込むことができます。
既存のファイルにデータを書く microSDカード内にすでに存在しているファイルに対して、書き込み操作ができます。
新しいファイルを作る 新しいファイルを新規に作成します。任意のディレクトリにファイルを作成できます。
もちろん作成したファイルには自由にデータを書き込めます。
ファイル、フォルダを削除する ファイルやフォルダを削除します。
クイックフォーマット機能 microSDカードをクイックフォーマットします。
ファイルの属性、サイズ及びファイルスタンプを取得する ファイルの属性、サイズ及びファイルに付けられているタイムスタンプの日時を取得します。
ディレクトリ内のフォルダやファイル名を取得する カレントディレクトリに存在するフォルダ名及びファイル名を取得できます。
microSDカードの空き容量を取得 microSDカードの空き容量を取得できます。
ファイルやフォルダーのリネーム 指定したファイル又はフォルダの名前を任意の文字列にリネームできます。
microSDカードの転送速度を計測 microSDカードに指定したサイズのデータを書き込み、書き込み時間と読み込み時間を計測し転送速度を実測できます。

 搭載機能一覧
・FAT16及びFA32のファイルシステムに対応
・ロングファイルネームに正式対応、マイクロソフト社のライセンス取得済み
・非同期式シリアル(UART)及び同期式シリアルI2C通信に対応
・microSDカードはmicroSDHCカードも利用可能、最大32GBのSDHCカードまで使えます
・解りやすい簡単なコマンド体型で、高度な処理を実現
・同時に16個のファイルを内蔵バッファに開くことが可能
・装着したmicroSDカードの転送速度を計測する簡易メディアテスト機能搭載
・2つの省電力モードを搭載、作業状態を保持したまま低消費電力モードに移行することも可能
・クイックフォーマット機能搭載
・RTC機能搭載で、ファイル作成時のタイムスタンプをファイルに記録
・インターフェイスは、5V系システムでも3.3Vシステムでも対応可能(但しリセットピン以外)
・縦25×35(mm)のコンパクト設計
・日本語マニュアル付属だから分かりやすい
・ 機能をパソコンから簡単に評価できる使いやすいユーティリティソフトをご用意

 マンド操作の一例


 
 主な仕様
電源電圧 DC3.3V(本体電源電圧)
RTCバックアップには+1.65V〜+3.3Vまでのバックアップ用電源が必要
消費電流 動作時平均 約 50mA程度  
スタンバイモード時 80uA(max)
ストップモード時 0.4mA(max)
対応メモリーメディア mircoSDカード/SDHCカード

※サイズが大きくなると場合によっては処理に時間がかかる場合があります。

※メーカー米GHI Electronics社と当方マイクロテクニカはSD Card associationのメンバーです。
※UHFインターフェイスのカードには対応していません。
対応ファイルシステム FAT16 及び FAT32  

※FAT32についてはマイクロソフト社のライセンスを取得しています

※NTFSはご使用頂けません。
シリアルインターフェイス 非同期式シリアル通信UART規格、同期式シリアル通信I2C規格
ボード寸法 縦25×横35mm
 セット内容

・MSC-MOD20本体
・32.768kHz RTC用水晶発振子
・日本語マニュアル(ダウンロード


※RTC用の32.768kHz発振子は実装済みです。
※マニュアルはPDF配布となり紙媒体でのご提供はありません。
※マニュアルはこちらからご覧頂けます。

 本製品のサポートについて

本製品のすべてのサポートはすべてALFATチップの開発元(米GHI Electronics社)が行います。日本国内での技術的なサポートやご質問等の受付は行っておりません。

技術的なご質問やサポートは開発元のご提供するサポートフォーラムにてメーカーの技術者又は世界中のユーザーと情報を交換して頂き、解決して頂くことになります。日本国内での技術的なサポートは行っておりません。



※カジュアリーサポートとは、製品の使い方に関する簡単なご質問についてご案内するサービスです。技術的なサポートではございません。詳しくは上記画像をクリックしご覧ください。

ページトップへ