USBホスト機能を搭載しUSBメモリーをシリアル通信で制御できるボード USBホスト機能を搭載しUSBメモリーをシリアル通信で制御できるボード
 
 
 
 
   GHI社製品 > USBメモリーシリアル制御ボード [USBH-ACS30]
 
 
 
USBメモリーシリアル制御ボード [USBH-ACS30]
 
 
USBメモリーシリアル制御ボード [USBH-ACS30]

  商品名:USBメモリーシリアル制御ボード [USBH-ACS30]

商品コード:880249990

販売価格:4,890 円(税込み)
数量:




 
 
 

USBメモリー簡単シリアル制御ボード(USBH-ACS30)は、USBメモリーに簡単なシリアルコマンドだけでFAT16/32に対応したファイルを作成、読み込み等操作が可能な組み込み用ボードです。

米GHI社のワンチップFATコントローラーIC、
ALF2X-SC-512を採用したベストセラーボードです。

USBホスト機能やUSBマスストレージクラス、FATファイルシステムなどの専門知識や実装をすることなくシリアル通信だけでUSBメモリーを外部ストレージとして使うことができます。

USBメモリーはUSB2.0及びUSB3.0規格の市販品に対応(※1)。
ファイルシステムはFAT16、FAT32に対応しています。




シリアル通信はUART又はI2Cを選択できます。

簡単なコマンドでUSBメモリーにファイルを新規作成したり既存のファイルからデータを読み込んだりと各種ファイル操作が可能です。

USBH-ACS30では次のような操作ができます


ファイルを開く 最大16個のファイルを同時にバッファに展開可能
ファイルデータを読む ファイル内のデータを任意の位置、サイズで読み込み
データの追記 既存のファイルにデータを追記
新規ファイルの作成 新規のファイルを作成、ディレクトリの作成も可能
ファイルやフォルダの削除 指定したファイルやフォルダを削除
クイックフォーマット USBメモリーのデータをクイックフォーマット
ファイル属性の取得 ファイル属性やサイズ、タイムスタンプなどを取得
ディレクトリ内の一覧を取得 ディレクトリ内のファイル名やフォルダ名を取得
空き容量の取得 USBメモリーの空き容量を取得
ファイルやフォルダのリネーム ファイル名やフォルダ名をリネーム
USBメモリー転送速度の計測 任意サイズのデータをW/Rして転送速度を計測
RTCによるタイムスタンプ ファイルにタイムスタンプを付ける他、日時の取得が可能

※2: RTCは2秒毎となります。

USBH-ACS30は扱えるファイルの種類を問いません。テキストファイルやCSV形式等はもちろんバイナリデータでも読み書きできます。

ファイル名やディレクトリ名にはFAT32規格の長いファイル名(LFN)が使えます。
複雑なディレクトリにもフルパス指定で対応できます。

ファイルは本体内のバッファ(ファイルハンドル=FH)に展開して操作をします。
最大16個のファイルを同時にファイルハンドルに展開できます。使い終わったFHは閉じて再利用できます。


通信インターフェースは非同期式シリアルのUART通信と、同期式シリアルのI2C通信に対応しています。

UARTはデフォルト設定で通信速度115.2kbpsですが改造によって初期値を9.6kbpsに変更可能です。

I2C通信の場合には400kHzまで対応。スレーブアドレスは固定されています。

ロジック信号の電圧レベルは3.3V系と5.0V系どちらにも対応しています。(※2)


当方ではUART通信でパソコンと接続した場合、パソコンから本機の各種操作が可能なユーティリティーソフトウエアをご提供しております。USB-UART変換ボードなどを利用してパソコンと接続します。



※1:市販されているすべてのUSBメモリーが使えることを保証するものではありません。当方では相性保証は致しておりません。相性問題かどうかの確認はIコマンドによる初期化時に分かります。Iコマンド実行後USBメモリーの初期化が正しく完了したことを通知するACK(!00)が返らない場合にはそのUSBメモリーはお使い頂けません。
なお相性問題について当方ではほとんど経験しておりません。

※2:リセットピンは最大電圧3.3Vで5Vは印加できません。ご注意ください。


●FAT16, FAT32のファイルシステムに対応
●市販のUSBメモリー(USB3.0品にも対応)を簡単に使える ※1
●長いファイル名(LFN)に対応
●最大16個のファイルを同時にバッファに展開可能
●通信方法はUART又I2C、ロジック電圧レベルは3.3V、5V系対応 ※2
●2種類の省電力モードを搭載、作業状態を保持したまま省電力モードへ移行可能
●RTC機能搭載でファイルのタイムスタンプを付けることが可能 (2秒間隔)
●RTCはCR2032等によってバッテリーバックアップが可能
●横35×縦48(mm)のコンパクト設計
日本語補足マニュアルがあるから分かりやすい
●パソコンからUART通信で制御できるユーティリティソフトを配布
サポートはメーカーサポート(米GHI社のサポートフォーラム利用)
●電源電圧は3.3Vと5.0V両方が必要。RTCバックアップは1.65V〜3.3V


■コマンド操作例



 
主な仕様
 
電源電圧 本体用電源:DC3.3V
USBメモリー用電源:DC5.0V
RTCバックアップ用電源:DC1.65V〜3.3V
消費電流 動作時平均:30mA程度
スタンバイモード時:25uA(max)
ストップモード時:0.2mA(max)
対応USBメモリー USB2.0又は3.0規格のUSBメモリー ※1
メモリーサイズ1GB〜128GBまでのもの
※暗号化機能付き、ウイルス対策機能付きなど特殊機能があるものは使用できません。
対応ファイルシステム FAT16又はFAT32
※NTFSには非対応
※64GB以上のメモリーのフォーマットについてはこちら
インターフェース 非同期式シリアル(UART): デフォルト通信速度115.2kbps
同期式シリアル(I2C): 100k〜400kHz対応
ボード寸法 縦35×横48(mm) 詳しい外形寸法はこちら
 
■セット内容

 ●USBH-ACS30本体
 ●32.768kHz水晶発振子 (RTC用)

 

※マニュアルはインターネットからのダウンロードとなります。

※マニュアルはこちらからご覧頂けます。
 
 

本製品のサポートについて(必ずお読みください!)
 

USBH-ACS30について当方マイクロテクニカでの技術サポートは致しておりません
本製品はお客様ご自身で当方からご提供している日本語マニュアルやICメーカーである米GHI Electronics社から公開されている英語版のデータシートや技術資料、その他フォーラムで公開されている記事、インターネットからの情報をお読みになり内容を理解して回路設計ができる技術者向け製品です。

使用方法や製品の技術的なご質問等のサポートは行っておりません。ご購入に関しましてはあらかじめこの点をご理解ご了承の上ご検討をお願い致します。

 

当方からご呈示できる資料は日本語マニュアル及び下記の開発元から開示されている資料のみとなっております。その他の資料・データシート等はございません。



 


■参考資料
 

ALF2X-SC-512データシート
ALF2X-SC-512ファイルシステムユーザーズガイド