PICマイコンと組込ボードのプロフェッショナル
 

Bluetooth Classic and LE (BLE) デュアル通信搭載クリックボード [CLICK-BT-DUAL]

商品名 : Bluetooth Classic and LE (BLE) デュアル通信搭載クリックボード [CLICK-BT-DUAL]

商品コード : 89091248

価格 : 4,280円(税込)

数量 :    在庫あり


CLICK-BT-DUALは、マイクロチップ社の技適取得済みデュアルBluetooth4.2モジュールRN4678を搭載した、クリックボードです。

従来のBluetooth Classic(BR/EDR)規格の通信と、Low Energy(LE)規格の両方を1つのモジュールで実現しています。非同期式シリアル通信(UART通信)の無線化において、Windowsパソコンなどとの通信で従来から幅広く使われているBluetooth ClassicのSPPを用いた通信と、iOS搭載デバイスなどのBLEでの通信が最適なデバイスとの接続を1台で行うことができます。

SPPでは、UART通信の無線化は簡単でした。しかしBLEではサービスやキャラクタリスティックなどの設定が必要で煩雑なイメージがありますが、本デバイスではUART通信を透過的にBLEで無線化するために独自のサービスとキャラクタリスティックを搭載しています。そのため専門的なBLEの設定や知識がなくても、UART通信を無線化してリモートデバイスとの通信を開始できます。
特にSPPが使えないiOS搭載のデバイスではBLEを使うことで簡単にシリアル通信が可能です。




本CLICK-BT-DUALは、RN4678を使いやすくブレークアウトボード化し、さらに現在様々な開発ボードで採用されているmikroBUS規格に準じたピンアサインとなっています。




制御に必要なUART信号線(TX,RX,CTS,RTS)及び電源ライン、一部の制御信号線を2.54mmピッチのボードから取り出せます。

もちろん技適取得済みですので日本国内で安心してご使用頂けます。(202-SMD070)

各種コマンドは、非同期式シリアル通信(UART、115.2kbps)で簡単。ASCIIコードを用いて各種設定が可能です。電源は+3.3Vです。

当方では、独自の日本語補足マニュアルをご用意しています。デバイスの基本的な使い方をはじめ、実例を通してWindows PCとの通信例、BLEデバイスとの通信例、2つのCLICK-BT-DUALを用いた相互通信の例を具体的に説明しています。シリアルターミナルもフリーでご提供していますので、簡単にBluetooth Classicと、BLE通信によるUART通信の無線化を始められます。

マニュアルはこちらからご覧いただけます。

マイクロチップ社のRN4678のユーザーズガイドはこちらからご覧いただけます。

  • ●Bluetooth version4.2準拠のデュアルモードモジュール RN4678搭載
    ●Bluetooth ClassicとBLEの両方を1つのモジュールでサポート
    ●非同期式シリアル(UART通信)をSPPやBLEの独自サービスで簡単無線化
    ●Bluetooth内蔵、(GAP,SDP,SPP,GATT)
    ●本体にステータスを表示する2つのLEDを実装済み
    ●技適取得済み、FCC,IC,CE,MIC,KCC,NCCなど各国認証も取得済み
    ●独自サービスとキャラクタリスティックで、BLEなのに透過UART通信が簡単!
    ●制御は簡単なUART通信、ASCIIコードで設定可能
    ●UART通信速度は115.2kbps
    ●電源電圧+3.3Vで使いやすい、マイコンと直結可能
    ●使いやすい2.54mmピッチ端子
    ●mikroBUS規格対応で様々な評価ボードにそのまま装着
    ●AES128暗号化、送信出力+2dBm
    ●受信感度:-90dBm(Classic),  -92dBm (BLE)を実現
    ●分かりやすい日本語補足マニュアルとデータシート
    ●PCBアンテナ搭載でコンパクト
    ●当方販売中の各種評価ボードにそのまま装着できるmikroBUS規格採用のClickボード
    ●IoT機器や従来有線だったUART通信部分を無線に置き換え

■回路図



 

■付属品
 
  • CLICK-BT-DUAL本体
※本製品は組み立て完成済みです。

ページトップへ