MAX6642搭載 2WAY温度センサークリックボード
 
 
 
 
   クリックボード > MAX6642搭載 2WAY温度センサーボード [CLICK-TEMP6]
 
 
 
MAX6642搭載 2WAY温度センサーボード [CLICK-TEMP6]
 
 
MAX6642搭載 2WAY温度センサーボード [CLICK-TEMP6]

  商品名:MAX6642搭載 2WAY温度センサーボード [CLICK-TEMP6]
商品コード:66900002

販売価格:1,875 円(税込み)
数量:




 
 
 

MAX6642搭載 2WAY温度センサーボード [CLICK-TEMP6]は、マキシム社の2系統測温タイプのI2C温度センサーIC、MAX6642を搭載したボードです。

MAX6642はICチップ本体と、外部にPN結合のデバイス(PNPトランジスタ)を取り付けて温度センサーとして使える高精度の2チャンネルデジタル温度センサーICです。このICを使いやすくしました。

MAX6642本体にも温度センサーが搭載されておりボードの周囲温度を計測します。
またボードの端子台にPNP型トランジスタを接続すれば(※1)、そのトランジスタをリモート温度センサーとして使える優れものです。汎用的なPNP型トランジスタを温度センサーとして使えるユニークな機能です。
内蔵センサーの場合-40℃〜+125℃で動作します。リモート接続の場合には0℃〜+150℃の範囲で温度を測定します。


インターフェイスはシリアル通信のI2C通信です。
コマンド体型もとても簡単です。

MAX6642は内蔵温度センサーでは8ビット、リモート接続したPNPトランジスターを温度センサーにした場合には10ビットの分解能と高精度です。

その他、MAX6642にはALERT機能もあります。プログラムされたしきい値を超えるとALERTピン(INTピン)はLレベルになります。

制御に必要なI2C信号線や割り込み線、電源(+3.3V又は+5.0V)が2.54mmピッチのmikroBUSから取り出せます。

また当方では本機を簡単に試せるように簡単ガイドをご用意しております。詳しい使い方はこちらからご覧頂けます。

 


※1:接続できるPNPトランジスターは理想係数に依存します。MAX6642は、Intel Pentium III CPUの標準値である1.008の理想係数で設計されています。理想係数が異なるトランジスターを使用する場合は変換式を適用する必要があります。変換式はMAX6642のデータシートに記載されています。


※MAX6642のデータシートはこちらです。



  • ●マキシム社製の高精度、過熱アラーム機能付き2WAY温度センサーIC MAX6642搭載

    ●高精度な温度計測、ローカル8ビット・リモート10ビット分解能

    ●IC本体のローカル温度計と、PNPトランジスターを温度計とするリモート温度計

    ●インターフェイスはI2C通信

    ●-40℃〜+125℃で動作、

    ●ローカル温度計精度は±2℃ (+60℃〜+100℃)​、リモート温度計精度は±1℃

    ●設定可能なリモート/ローカル温度スレッショルド

    ●アクティブローALERT出力(INTピン)

    ●電源電圧は3.3V又は5.0V

    ●mikroBUS準拠で様々なマイコン開発ボードに装着しやすい(2.54mmピッチ)

    ●ボードサイズ:42.9×25.4 (mm)


※本製品はMAX6642のデータシートこちらのサイト、回路図を見てご自分でI2Cのプログラムを作成できる技術をお持ちの方を対象とした製品です。
本ボードはMAX6642を使いやすいピンピッチに変換し最低限の外付け部品で構成された製品であり、制御方法等はすべてMAX6642のデータシートを読みながら理解できることが必要です。
マイクロテクニカでは、MAX6642についてのご質問は受け付けておりません

 


■ピン配置図
 

mikroBUSは下記のようなピン配置になっています。
 

ピンの詳細 ピン mikroBUS ピン ピンの詳細
NC 1 AN PWM 16 NC
NC 2 RST INT 15 INT ALERT出力
NC 3 CS TX 14 NC
NC 4 SCK RX 13 NC
NC 5 MISO SCL 12 SCL I2Cクロック(SCL)
NC 6 MOSI SDA 11 SDA I2Cデータ(SDA)
電源 +3.3V 7 3.3V 5V 10 +5V 電源
接地 GND 8 GND GND 9 GND 接地


■ジャンパー設定
 

番号 名称 初期位置 デフォルトオプション 詳細
JP1 VCC SEL 3.3V3 電源電圧選択
左位置3.3V、右位置5V


 


■回路図



※クリックして拡大表示


■付属品
 

  •  ●CLICK-Temp6本体
      ・本体ボード 1個


※本製品は組み立て完成済みです。
 


■参考資料
 

MAX6642のデータシート
本製品の簡単使い方ガイドのページ



■本製品のサポートについて
 

本製品はメーカーがリリースしているデータシート及び本製品の回路図、データシートに記載のI2Cコマンド例を見て、その使い方をご理解頂き実際にプログラミングやマイコンから本製品を制御できる技術者向けの製品です。
 

本製品はMAX6642の機能をそのまま使った製品です。使い方はデータシートにてご理解頂く必要があります。データシートの見方が分からない、I2C通信の内容が理解できていない方はご使用頂けません。
 

本製品の技術的なサポート、I2C通信による使い方、ハードウエアの設計方法等について当方マイクロテクニカではサポートを行っておりません。ご質問頂きましてもご回答致しかねます。

 
 
 

ページトップへ