実験に最適! USB-I2C/UART変換ボード  [CLICK-I2C]
 
 
 
 
   クリックボード > USB-SPI変換ボード  [CLICK-SPI]
 
 
 
USB-SPI変換ボード  [CLICK-SPI]
 
 
USB-SPI変換ボード  [CLICK-SPI]

  商品名:USB-SPI変換ボード  [CLICK-SPI]

商品コード:51325780

販売価格:2,100 円(税込み)
数量:




 
 
 

MCP2210搭載 USB-SPI変換ボード(CLICK-SPI)は、USB経由でパソコンからSPIスレーブ機器と通信ができる実験ボードです。(本機はSPIマスターです)

Windowsパソコンから簡単にSPI通信ができるため自作機器のデバッグやセンサーとの通信、実験、評価に最適です。パソコンと接続する本機はHIDデバイスとして認識されます。専用のドライバーは必要ありません。



USBはフルスピード(12Mb/s)に対応、SPI通信は1500bps〜12Mbpsのビットレートをサポート(※1)しています。4つのSPIモードをサポート(※1)しておりユーティリティーから設定できます。

最大で5つのチップセレクトライン(CS)があり任意に使用可能です。CS線として利用しない場合にはGPIOとしても利用できます。



電源は5V又は3.3Vで、USBバスパワー給電で利用できます。設定により外部給電も可能です。

パソコンで通信するためのターミナル及び設定ユーティリティーソフトがマイクロチップ社から配布されています。ターミナルソフトはVisual Studioのソースコード(Visual Basic.NET)が配布されています。また本製品を使うためのDLLも配布されており自分でソフトウエアを作ることも可能です。




当方では簡単にMCP2210を体験できるように簡単ガイドをご用意しています。ぜひご参考にしてください。
 



このボードはMCP2210を簡単に利用できるようピンピッチ2.54mmにしたボードです。

電源電圧はジャンパー設定により3.3V又は5.0Vを選択可能、USB給電かセルフ給電かはユーティリティーソフトで設定できます。なお工場出荷時設定はUSBバスパワー給電になっています。

※1:モード1と3の時はビットレートを100000以上にする必要があります。モード1と3の時はそれ未満の速さではお使い頂けません。(モード0と2の場合この制約はありません。)


※本製品はSPIマスターとして動作します。スレーブデバイスとしては動作しません。
 



※MCP2210のデータシートはこちらです。

※本製品の簡単ガイドはこちらです。
 



  • ●USB経由でSPI通信が可能、本機はSPIマスターとして動作

    ●SPI通信はHID(Human Interface Device)を使って制御

    ●128バイトの送受信バッファ(各64バイト)、65535バイトSPIトランザクション長

    ●SPIのビットレートは1500bps〜12Mbpsまで対応 (※1)
    ●最大5つのCS線を利用可能、またGPIOとしても利用可能

    ●4つのSPIモードをサポート(モード0〜3)

    ●通信ソフトはWindowsの他、Androidプラットフォーム用を利用可

    ●Windows用のDLLによって自作ソフトからも制御可

    ●Visual BASIC.NET のソースコード配布

    ●電源電圧は3.3V又は5.0V、USB給電かセルフ給電かを設定可能

    ●ロジック電圧レベルは3.3V又は5.0Vを選択可能

    ●mikroBUS準拠で様々なマイコン開発ボードに装着しやすい(2.54mmピッチ)

    ●ボードサイズ:28.6×25.4 (mm)



※本製品はMCP2210を2.54mmピッチで使いやすくしたボードです。MCP2210のデータシート回路図当方の簡単ガイドをご覧になって仕組みや回路を理解できる技術をお持ちの方を対象として製品です。

マイクロテクニカでは、MCP2210についてのご質問は受け付けておりませんマイクロチップ社の技術サポートをご利用ください。


 


■ピン配置図
 

mikroBUSは下記のようなピン配置になっています。


■回路図



※クリックして拡大表示


■付属品
 

  •  ●CLICK-SPI本体
      ・本体ボード 1個


※本製品は組み立て完成済みです。
 


■参考資料
 

MCP2210のデータシート
MCP2210の各種ソフトウエア等のダウンロード
※Documentsのタブからダウンロードできます
CLICK-SPIの簡単使い方ガイド



■本製品のサポートについて
 

本製品はメーカーがリリースしているデータシート及び本製品の回路図、データシートを見て、その使い方をご理解頂き本製品を制御できる技術者向けの製品です。
 

本製品はMCP2210の機能をそのまま使った製品です。使い方はデータシートにてご理解頂く必要があります。データシートの見方が分からない、SPI通信の内容が理解できていない方はご使用頂けません。
 

本製品の技術的なサポート、SPI通信による使い方、ハードウエアの設計方法等について当方マイクロテクニカではサポートを行っておりません。ご質問頂きましてもご回答致しかねます。